◆【送料:1箱340円】

こんにちは♪

今日もHAPPYな

みゆみゆですヽ(*>ω<*)ノ

 
 
今日は

 
◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆
◆◆◆  送料を圧倒的に安くする方法
◆◆
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
っていうお話です。

 
 
 
 
 
 
せどりをしていると

必ず問題になるのが【送料】です。

 
 
 
 
 
 
少しでも送料を安く抑えれば、

利益を多く取れるので、

しっかりと読んでくださいね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

1. 宅急便を使うのは大損?

 
 
 
 
せどりをはじめると、

amazon倉庫への送料が課題になります。

 
 
 
 
 
 
 
安く仕入れても、

仕入れた商品数で、送料を割ると

利益が出ない経験をする人もいます。

 
 
 
 
 
 
 
特に、配送会社でまず利用する
  • ゆうパック
  • ヤマト宅急便
  • 佐川急便
 
 
 
↑ ↑ ↑

こちら3社を普通に利用しているなら、

大損している可能性が大です。

 
 
 
 
 
 
 
正直、もったいないです。

 
 
 
 
 
 
 
安く発送する方法を知らない

=お金を捨ててる

 
 
 
↑ ↑ ↑

こう言ってもいいくらいもったいないですね。

 
 
 
 
 
 
では、お金を捨てないためにも、

3社の送料をみていきます。

 
 
 
 
 
千葉から小田原(神奈川県)の倉庫に

3辺160cmの箱を送るとします。

 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
ゆうパック:2020円

ヤマト宅急便:2030円

佐川急便:2031円

 
 
 
 
 
 
3社を比較しても、

価格はほぼ同じで、

安くも何ともありません。

 
 
 
 
 
 
 
ダンボールの中に

100個の商品を梱包すれば、

1商品にかかる送料は20円弱です。

 
 
 
 
 
 
しかし、実際の梱包では、

それほどうまくいきません。

 
 
 
 
 
 
それよりも、

「安くなる方法」を探した方がいいです。

 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
それでは、

1箱の送料が2000円を超えない方法を

ご紹介していきます。

 
 
 
 

2. 1箱発送はエコムー便が便利

 
 
 
 
 
配送代行会社のエコムー便です。

大手運送会社と契約しているので、

安心して利用できます。

 
 
 
 
 
 
 
実際に、利用したところ

佐川急便が来てくれました。

 
 
 
 
 
 
それでは、問題の

千葉から小田原の送料ですが、

次のようになります。

 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
大手3社の2020円〜2031円と比べて、

851円〜840円も安い

1180円です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
安すぎです!

これを使う手はありません。

 
 
 
 
 
エコムー便が利用できる地域は

沖縄・離島以外の全国です。

 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
料金表は次の通りです。

 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
 
こちらから直接サイトにとべます。

↓ ↓ ↓



 
 
 
 
 
 
 
仕入れ商品が少ない内は、

エコムー便を利用していくと節約になります。

活用していきましょう。

 
 
 
 
 

3. まとめ発送はヤマト便

 
 
 
 
せどりの腕が上がり、

上級せどらーになれば、

1回の発送量が増えます。

 
 
 
 
 
 
 
 
その場合は、

ヤマト便を利用すると

送料を安くすることができます。

 
 
 
 
 
 
 
ヤマト便は送料の計算方法が

通常のヤマト宅急便と異なります。

 
 
 
 
 
 
 
ヤマト便?なに?

って人はこちら

↓ ↓ ↓

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/yamatobin/
 
 
 
 
 
 
 
ヤマト便は、

1つの荷物が分かれていても
1つの荷物として送ることができます

 
 
 
 
 
 
 
 
↑ ↑ ↑

少し難しくて、

「?」になりそうですね。

 
 
 
 
 
 
 
簡単に言えば図のように

5つの荷物を1つの荷物として

発送することができるということです。

 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
ただし、送るときにルールがあります。
  • 3辺の合計 200cm以内
※1辺は170cmまで、上下逆さまにできない場合100cmまで
  • 重量   30kgまで
 
 
 
 
↑ ↑ ↑

これは荷物の5つの荷物の3辺合計ではなく、

①〜⑤の1箱あたりの3辺の制限です。

※重量も同じです。

 
 
 
 
 
そして、発送する荷物の3辺を

次の式に入れて計算します。

 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば

 
3辺合計120cmのダンボールを10箱

千葉から小田原に送ってみます。

 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
これを計算式にあてめます。

0.4(m)×0.4(m)×0.4(m)×10(箱)×280=179.2kg

 
 
 
 
 
計算で出てきた

179.2kgを料金表に

照らし合わせます。

 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
表から4127円となりました。

4127円を10箱で割ると

1箱あたり412.7円です!

 
 
 
 
 
 
 
↑ ↑ ↑

びっくりでしょ?

でも本当です笑

 
 
 
 
 
 
 
これが実際にみゆみゆが
小田原FCに送った領収書です。
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
食品3箱と

〇〇(商品名書いちゃったから笑)6箱

合計9箱

 
 
 
 
 
 
 
 
9箱で3056円
3056÷9=339.5円
 
 
 
 
 
1箱あたり340円です。
↑ ↑ ↑
すごいでしょ?笑
 
 
 
しかも、ヤマト便って実は、あることをすると
税金を回収できるマル秘テクがあります。
しかも後納契約なし!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それがこちら楽天Edyです!
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
楽天Edyのチャージ方法はこちらから♪
 
 
 
 
 
 
 
でも、Edyに現金をチャージじゃなくて、
楽天のポイントをチャージします。
 
 
 
 
 
 
 
 
仕入れで貯まるポイントをEdyにチャージすれば、
全く現金を使うことなく、使用できるので、
すごくお得です。
 
 
 
 
 
 
ポイントのチャージ方法も確認してネ!
↓ ↓ ↓
楽天ポンイトをEdyにチャージする方法 1度に大量に発送ができるようになれば、

ヤマト便の利用が絶対に有利です。

 
 
 
 
 
 
 
まだ使ってない方は利用していきましょう。

 
 
 
 
 
 

4. 極小量はレターパックプラス

 
 
 
 
 
 
 
レターパックとは、

日本郵便が提供する

サービスです。

 
 
 
 
 
 
全国一律の価格で発送できます。

 
 
 
 
 
使えるのは、赤い方だけ!

↓ ↓ ↓
  • レターパックプラス:510円
 
 
 
 
 
今回は、送料510円の

レターパックプラスを

箱型に変える裏技を説明します。

 
 
 
 
 
 
ゆうパックと比較すると

次のようになります。

 
 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
箱にする手順
 
①縦横の端から5cmに線を引く
 
 
 
 
 
 
封筒の裏面を

上にして置きます。

 
 
 
 
 
 
 
封筒の端から

内側へ5cmの位置に

線を引きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
4辺全部に線を引きます。

 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
②角から斜めに線を引く
 
 
封筒の角から

斜め45°の線を引きます。

 
 
 
 
 
 
4つの角全部に線を引きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
③折り目をつける
 
 
引いた線に合わせて、

折り目をつけていきます。

 
 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
 
④折り目に沿って広げる
 
箱の形になるように

封筒を折り広げます。

 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
これで箱部分は完成です。

 
 
 
 
 
 
 
⑤ふたを折る
 
 
 
封筒の口のテープが

付けられていない側を

折り目に沿って内側に折ります。

 
 
 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
 
⑥両端を折る
 
 
口の両横端を

折り目に沿って

内側に折ります。

 
 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
 
 
 
⑦ふたをする
 
 
封筒の口のテープが

付けられている側を

折り目に沿って内側に折ります。

 
 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
 
 
 
 
これで完成です。

 
 
 
 
 
 
 
補強のためにテープを上から貼ってもOKです。

 
 
 
 
 
 
 
送れる容量
 
箱形に完成した

レターパックプラスの容量は、

次の通りです。

 
 
 
 
 
 
 

<箱型レターパックプラス容量>

 

 縦24cm×横15cm×厚さ・厚み10cm

 

 ※おおよその目安としてお考え下さい

 
 

 大体、

 200ページ程の文庫本であれば20冊

 

 葉書なら400枚×2列=800枚が入る容量です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5つの注意点
 
箱形レターパックプラスを

活用するために、

5つの注意点があります。

 
 
 
 
 
 
 
 
↓ ↓ ↓

 
【5つの注意点】 

①封ができない場合はNG

②重さが4kg以上あるとNG

③発送は郵便局窓口のみ(コンビニ、ポストはNG)

④切って加工したり、何かを付け足して大きくするのはNG

⑤これが使用できるのは、レターパックプラス(赤い方)のみ!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
1つでも当てはまると発送NGです。
しっかりと守って発送しましょう。

 
 
 
 
 
 
 
追跡番号は発行されますが、

損害賠償の保険等はありません

 
 
 
 
 
 
 
割れ物、貴重品などの

発送の際にはご注意ください。

 
 
 
 
 
 
生ものや生き物、現金の

発送も禁止されているので

気を付けてください。

 
 
 
 
 

5. まとめ

 
 
いかがでしたか?

 
 
 
 
あなたもとっても、

驚かれたのではないでしょうか?

 
 
 
 
送料を節約していくには、

3箱以上を

ヤマト便の利用に変えるのが一番です。

 
 
 
 
 
送れるのはダンボールだけです

袋はダメなんですね

でも、レターパックプラス(赤い方)のみ大丈夫なんですよ

 
 
 
 
 
 
まずはできるところからコツコツして、

利益を上げていくのがいいですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
今日もハッピーに過ごせますように

みゆみゆ💛

 
 
 
 
 
 
けっこう頑張ってます

でも、あなたの

クリックでもっと頑張れる💛

↓ ↓ ↓
 
せどりランキング
 
 
 
 
 
 
 
ライン@の配信も見てね

↓ ↓ ↓



 
 
 
 
 
 
 
 
メルマガも参考になったら嬉しいな

↓ ↓ ↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ