◆【〇〇で販売チャンス2倍にUP!】

こんにちは♪

今日もHAPPYな

みゆみゆですヽ(*>∀<*)ノ

 

 

 

今日は

 

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆
◆◆◆  マルチチャネル利用してる?
◆◆
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               っていうお話です

 

 

 

マルチチャネルっていう

販売チャンスが増える

アマゾンの神サービス知ってます?

 

 

 

今日はそんな

神サービスを詳しくご紹介するよー

 

 

1.FBAマルチチャネルとは?

 

 

 

FBAマルチチャネルサービスとは、

Amazonが提供するFBA(フルフィルメントby Amazon)の

サービスのひとつです。

 

 

 

Amazon以外のネット注文の出荷にも利用できる

便利なサービスのことなんですネ!

 

 

 

例えばこんな使い方

↓ ↓ ↓

 

 

 

楽天市場、ヤフーショッピングでの

注文の商品の出荷を Amazonの倉庫から

出荷することができます。

 

 

 

ウソみたいでしょ笑

 

 

 

マルチチャネルサービスを利用するには、

対象となる商品をFBAで出品しておく必要があります。

 

 

 

FBA出品商品の在庫は

FBA倉庫に保管されていますから、

発送は、各倉庫からの直送となります。

 

 

 

マルチチャネルサービスはFBA倉庫に

商品を預けている出品者であれば

今すぐにでも利用できるサービスです♪

 

 

2.FBAマルチチャンネルのメリット

 

 

 

 

FBAマルチチャネル利用の

最大のメリットはAmazonの物流を

そのまま利用することができるという点なんです!!

 

 

 

配送にかかる料金も

低価格な手数料で商品を発送できる場合がほとんどです。

 

 

 

また、Amazonの物流を利用しているため、

 「お急ぎ便」などが利用できます。(追加料金必要)

 

 

 

自社で送り状を作成したり、

出荷の荷造りの手間を削減できます。

 

 

 

商品は Amazonから出荷していますが、

FBAマルチチャネルサービスでは、

基本的に無地のダンボール箱での出荷です。

 

 

 一部倉庫では、無地のダンボールではないため、

無地ダンボール箱については、FBA倉庫

確認してくださいネ

 

 

 

以下のフルフィルメントセンター(倉庫)は

無地ダンボールでの出荷が可能となっています。

 

 

無地ダンボールで出荷してくれるFBA
  • 小田原FC (神奈川 FSZ1)
  • 多治見FC  (愛知NGO2)
  • 川島FC      (埼玉 HND3)
  • 大東FC      (大阪 KIX2)
  • 川越FC      (埼玉 NRT5)
  • 市川FC   (千葉NRT1)
  • 界FC            (大阪KIX1)
  • 八千代FC    (千葉NRT2)
  • 鳥栖FC        (佐賀HS G1)
  • 八王子  (東京 HND8)

 

 

 

これで安心して、メルカリやラクマでも

販売ができそうですね♪

(あ、これは内緒でね笑)

 

 

3.FBAマルチチャンネルのデメリット

 

 

 

FBAマルチチャネルのデメリットは、

こんな感じです。

↓ ↓ ↓

 

FBAマルチチャンネルデメリット
  • 配送会社を選べない 

     (amazonが契約しているのはヤマト運輸か日本郵便のみ)

 

  • 3辺の合計が160cmを超えるサイズが

 大きな商品の場合はお届け日時指定便が利用できない

 

  • 一部のF BAは、無地のダンボール出荷に対応していないため、

 発送時のダンボールが「Amazon」のロゴ入りになってしまう

 

 

 

無地のダンボールに対応していないFBA倉庫には、

注意をしなければなりませんが、

基本的にはメリットの方が多いです。

 

 

4.FBAマルチチャンネルの料金

 

 

 

 

 

では、一番気になるお金の話、

FBAマルチチャネル利用の料金についてを解説していきます。

 

 

 

FBAマルチチャンネル料金計算方法

FBAマルチチャネル手数料=【A】在庫保管手数料+【B】配送代行手数料

 

【A】在庫保管手数料(商品サイズと保管日数に応じた手数料)

 

【B】配送代行手数料

(ピッキング作業、梱包資材費、梱包作業費、全国への配送料を含む)

 

 

 

FBAマルチチャネルサービスの利用には、

特別な初期費用や固定費は必要ありません。

 

 

 

FBAを利用している店舗であれば

FBAマルチチャネル料金のみで利用が可能です。

 

 

【A】在庫保管手数料

 

 

 

【在庫保管手数料の計算方法】

商品単価 × 商品サイズ(cm³) / (10cm × 10cm ×10cm) × [保管日数/当月の日数]

 

 

 

【例えば】

35.5cm×22.5cm×11.4cm の商品を 30日間預けた場合の倉庫保管料は?

 

↓ ↓ ↓

 

【答え】

8.126 × {(35.5×22.5×11.4)/(10×10×10)}×(30/30)=73.99円

 

 

つまり、在庫保管手数料=約74円となります。

 

 

 

物流サービスのなかでも、在庫保管料がここまで安いのはAmazonだけでしょうね♪

 

 

 

【B】配送代行手数料

   

配送代行手数料とは、

ピッキング作業、梱包資材費、梱包作業費、全国への配送料」のことです。

 

 

 

  商品区分

 

 

 

【B】配送代行手数料
  • 小型 通常配送:550円 お急ぎ便:625円
  • 標準 料金体系がサイズによって4区分あり 
  • 大型 料金体系がサイズによって8区分あり

 

 

小型商品に関しての出荷作業手数料は、

通常550円、お急ぎ便625円ですが、

標準は4区分、大型は8区分に分けれます。

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

ここで注意があります!

上記の配送手数料ですが、

3辺の長さと重量は、全て商品と梱包資材を含めたもの です。

 

 

 

沖縄県や離島というくくりがなく、

全国一律料金のため、

遠方への出荷の際にも追加送料などがかからないという点!!

 

 

 

出荷作業の手間を省き、

ダンボールなどの梱包資材費から、

送料まで トータルで考えても….

 

 

 

FBAマルチチャネルの利用は

物流コスト削減のメリットが

とっても大きいんですよねー

 

 

5.商品を発送する手順

 

ここからは商品を発送する手順の

説明をしていきます。

 

 

セラーセントラル(出品管理ツール)にログイン

 

 

FBAマルチチャネルサービスの

出荷指示や在庫管理は、

すべてセラーセントラル(出品管理ツール)で行います。

 

 

 

まずはセラーセントラルにログインします。

↓ ↓ ↓

 

 

 

利用する商品を選択

 

【商品選択の手順】

  1. 「在庫」から「在庫管理」を選択
  2. 在庫商品の中から、FBAマルチチャネルサービスを利用する商品の選択
  3. 左横のチェックボックスにチェックを入れる

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

依頼内容を新規作成

 

 

「変更」のプルダウンメニューより

「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」

を選択します。

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

FBAマルチチャンネルサービス注文/依頼

 

  • 「お届け先の住所」
  • 「電話番号」
  • 「納品書に印刷」など

↑ ↑ ↑

これらの必要情報を入力します。

 

 

 

「依頼する商品を指定」から「続ける」をクリックし、

内容を確認して依頼を確定します。

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

これで完了です。

あとは、amazonが作業してくれます。

 

 

6.まとめ

 

マルチチャネルっていう神サービスを

知っていると使い方が無限大です。

 

 

 

あなたのアイデアしだいで、

販売チャンスが増えるってことは

それだけたくさん売れるってことだもんね!!

 

 

 

食品でも食品以外でも

マルチチャンネルを利用し、

販売をすることが可能です。

 

 

 

よくある質問載せとくねー

 

 

 

それでも質問のある方は

アマゾンのテクニカルサポートに聞くと

丁寧に教えてくれるよ

 

 

 

*テクニカルサポート*
0120-999-373

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとう

今日もハッピーに過ごせますように

みゆみゆ

 

タイトルとURLをコピーしました